今日 家を出る時間がいつもより二分遅れた


イレギュラーを想定して早めに出るようにしているけど


いつもより遅いと焦る




玄関の扉を開けるとき


お隣さんの扉の開く音が聞こえた



俺とほぼ同時期に出てきたのは

小学校低学年らしき子供

そのままエレベーターの方まで駆けていった


自分の寮はマンションの最上階にあるので


子供がエレベーターを呼んでくれたら


二分のタイムロスを少しは巻き返せるかもしれない



『ナイスアシストだ、小僧』


なんて思いながら玄関の鍵を締め終えてエレベーターの方を見ると



子供が階段を使って降りていくのが見えた








若さだ…



俺の思惑は簡単に外れ


一階に駐留してるエレベーターを呼び戻し


ロスはロスのまま



エレベーターを待って階下まで降りた



さっきの小学生は元気良さそうに階段から降りてきた



目があったので


『おはよう』


と声をかけたら


『…うござ…ます』

と恥ずかしそうに答えてくれた




若いな


と改めて思った